ワキガの治療にはレーザーと手術による方法がある

脇の下の臭いがきついワキガの人は、治療によって症状を改善させるという方法があります。市販の制汗剤を使うことで、汗を抑え、ワキガの臭いを緩和するという方法があります。

しかし制汗剤による方法は定期的に塗り直す必要があるだけでなく、根本的に治療するものではありません。他にもボトックスを使う方法もありますが、これも繰り返していると徐々に効果が薄くなってしまうと言われています。多くの人が、ワキガの症状とは決定的な手段で縁を切ってしまいたいと考えています。レーザーを使う方法や、外科手術による方法で、ワキガの治療は可能です。ワキガの原因となる汗をかくことがないように、レーザーで汗腺を壊すという方法があります。保険がでるワキガ手術と、保険が出ないワキガ手術があることは理解する必要があります。保険が適用される方法はハサミで汗腺を切除する方法で、治療費は両わきで5万円ほどです。保険が適用されない手術はクアドラカットと呼ばれており、費用は高く、両わきで40万円を超えることもあります。手術の痕跡が残らず、体にも優しいことが、クアドラカットのいいところです。各治療ごとにメリットやデメリットがありますので、どの治療方法が自分に適しているかをきちんと考えましょう。
ラウディ BB&CCクリーム